ハンディターミナルの基礎知識 バッチ方式(バッチ機能)について ハンディターミナルの説明欄には、「バッチ方式」と書いているものもあります。このバッチ方式とは何でしょうか?

バッチ方式とバッチ方式でないものの違い

ハンディターミナルは、バーコードを読み取って、テンキーで情報を打ち込みます。
その読み込んだり、打ち込んだりしたデータは何らかの形で使いたいですよね。
その使い方について2つの方式があります

①データをすぐ使わなくていい → バッチ方式

②データをすぐ使いたい → バッチ方式以外

バッチ方式の場合は、【通信ユニットなどでPC等と直接接続】しなくては、データを移動できません。バッチ方式以外の場合は、【通信ユニットなどを使わずに無線通信】でデータを移動できます。
※バッチ方式以外とは「無線LANタイプ・Bluetoothタイプ」を指します

バッチ方式が向いている使い方

後でまとめてデータ取込

【後でまとめて行ってもよい作業】には バッチ方式が向いています。
例えば、今、倉庫にある在庫数を数えればいいだけ。という場合は、バッチ方式のハンディターミナルで、バーコードを読み取り、数量を入力する。それを繰り返し、最後に、PCへデータを取り込んで終了となります。

バッチ方式以外が向いている使い方

都度データ照合

【すぐにそのデータを使いたい作業】にはバッチ方式以外が向いています。
例えば、今、倉庫にある在庫数を数えるのですが、マスターデータ(今把握しているデータ)と違っている場合は、その在庫を抜き取るなどの調整をする、といった場合です。

都度、マスターデータと照合しなくては、数の過不足は分かりませんので、バッチ方式には向いていません。

バッチ方式のメリット

バッチ方式のハンディターミナルを使うメリットは「手軽さ」です。
バッチ方式以外の場合は、必ず、無線による通信を行わなくてはならず、無線LANのアクセスポイントなどの設置が必要となり、すぐに利用を始めることができません。
バッチ方式の場合は、ハンディターミナル本体と通信ユニット(充電台)とそれに適したプログラムがあれば、すぐに利用をすることができます。通信環境を構築する必要がない分、少し手軽になりますね。

バッチ方式でのデータの取り出し方

バッチ方式でのデータの取り出し方

まず、USBタイプの通信ユニット(充電台)とPCをUSBケーブルでつなぎます。その通信ユニットに、ハンティターミナル本体をセッティングして、PC上でプログラムを起動させれば、データを取り出すことができます。

ただ、メーカーによっては、通信ユーティリティというプログラムを別途必要とする場合があります。また、そのプログラムは有償である場合があります。そのため、バッチ方式からデータを取り出すには、ハンディターミナルのプログラマーさんや販売店の方の協力が必要になるのでご注意ください。

美品宣言からのお知らせ

最新の出荷状況

美品宣言★ 中古のハンディターミナルって本当に大丈夫?初めてのお客様でも安心! 安心・清潔ブランド美品宣言★

『美品宣言★』がよくわかるWEBチラシ無料ダウンロード。お客様へのご提案書に!社内稟議の添付資料に!ダウンロードはこちらから

一般法人用  ※当店の店名入り

販売店用  ※店名が空欄です

当店限定ブランド『美品宣言★』が一目でわかる無料資料をご活用下さい。

お見積・ご発注 最短3時間 スピード見積! カートに入れた商品を確認する

  • フォームで依頼する
  • FAXで依頼する
  • カートを見る

総合案内 見積/発注方法、送料 Q&A、会社概要などをご案内します! 詳しく見る

TOP